2008年 02月 19日 ( 1 )

冬の鳥たち

2008年2月19日(火)

冬、身の回りの鳥は、カラスとスズメくらいしか目にしない。
雪が降っていればスズメもあまり見ない。
林の中にでも入って行けばもっと目にする事ができるのかもしれないが、今は雪で入って行けない。

でも、海岸付近ならば雪は少ないし、降っても早めに融けるし、野鳥の姿を結構目にする事ができる。


Photo 1
d0077758_22393423.jpg
「スズメ」
日本中どこにでもいる鳥。
群れで暮らし、草の実などを食べる。


Photo 2
d0077758_22401311.jpg
わずかに残っている枯れ草に、何か食べるものが残っているようだ。


Photo 3
d0077758_22403786.jpg
砂浜にもいたし、海岸を飛んでいたので、水鳥の仲間なのだろうか。
図鑑には飛んでいる姿の写真が少なくて、名前、良くわからない。


Photo 4
d0077758_2241638.jpg
ガードレール下に小鳥発見。


Photo 5
d0077758_22412738.jpg
この鳥達も雪の中に顔を突っ込んで、枯れ草に残っている草の実を食べている様だ。


Photo 6
d0077758_22415634.jpg
何鳥だろう。
写りがあまり良く無いので図鑑を見ても良くわからないけど、「ムクドリ」に似ている。


Photo 7
d0077758_22471614.jpg
ただの土手、ではなくて、実は真ん中に写る黒っぽいのが食べ物を探している鳥。
海岸を走る道路の土手には枯れ草が残っているが、最近の雪で小さな草はみんな埋もれてしまった。
食べ物を探すのも大変だ。


Photo 8
d0077758_22474528.jpg
こっちの小鳥達はコンクリートの隙間に残っている枯れ草で食べ物を探している様だ。

ゆっくりと近づいてみよう。


Photo 9
d0077758_2248672.jpg
やっぱり、いくらゆっくりでも車が近づいてくれば逃げるよね。
でも、この子はすぐ横まで車が近づいても逃げようとしない。
一心不乱に枯れ草の中に顔を突っ込んでいた。


今は雪まじりの風も強くて車の窓ガラスを開けてはおけない。
窓ガラスには色が付いている。
そのせいで全体的にグレーっぽく写ってしまう。

ちょっとだけ窓ガラスを下げて撮ってみると...


Photo 10
d0077758_2248449.jpg
こんな具合に写る。
全然違うね。

ああ、雪が車の中に入ってくる。
しかたない、閉めよう。


Photo 11
d0077758_22493266.jpg
一羽、何処からか飛んで来て、近づいて来た。
この小鳥達は「ヒバリ」かな?


Photo 12 - 13
d0077758_22504498.jpg
d0077758_22505612.jpg
こちらは「ツグミ」に似ている。
二枚目は道路の真ん中にいたのだけれど、何してたんだろう。


Photo 14 - 15
d0077758_22512514.jpg
d0077758_22514576.jpg
荒れた海ではカモメ達が飛んでいる。
小魚でも狙っているのだろうか。


Photo 16
d0077758_22522044.jpg
空にはカラスに追い回される「トビ」。
写真では分からないけれど、トビは何かを捕まえていたので、カラスはそれを奪い取ろうとしているのかもしれない。


Photo 17 - 18
d0077758_22524770.jpg
d0077758_225365.jpg
数分後。
上空に青空が広がって来た。
海風に乗って、自分の頭の上数メートルの高さをトビが旋回して来た。
こんなに近くを飛んでくれたのは久しぶりなので、ちょっと慌ててしまった。

そのまま追っていたら...


Photo 19
d0077758_22533228.jpg
「うわっ、眩しい」



=================================
撮影データ
2008年2月17日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-02-19 23:01 | 動物