イワカガミ

2008年5月7日(水)

イワカガミ
岩場に生えて、光沢のある葉を鏡に見立てたことがこの名前の由来らしい。

これにも幾つかの仲間がいて
コイワカガミ - イワカガミに比べ、花の数が少なく小ぶり
オオイワカガミ - 鮮やかなピンクの花をつける
ヤマイワカガミ - 白い花をつける
などがある。

オオイワカガミについては「日本海側の山地やブナ林などの落葉広葉樹林の下などに生え、葉も花も大きく、花の色もひときわ鮮やか」と説明されている。
場所的には合っているし葉も大きいと思うし、私が見ているのはオオイワカガミなのだろうか。
でも、葉っぱの小さいのも見ている。
例えば...


Photo 1 - 4
d0077758_9561859.jpg
d0077758_9564649.jpg
d0077758_9565388.jpg
d0077758_9565964.jpg
イワカガミ、コイワカガミ、オオイワカガミのどれかと言えば...
葉も大きく無いし...
オオイワカガミっぽく無いと思うが...
イワカガミとコイワカガミのどちらなのかは...?


Photo 5 - 7
d0077758_9574425.jpg
d0077758_9575127.jpg
d0077758_957588.jpg
こちらは葉っぱも大きいしオオイワカガミの様な気がする。


Photo 8
d0077758_9582482.jpg
花は奇麗なのだけれど、良~く見ると、やっぱり不気味な姿形をしている。
確か、こういう怪獣がいた様な。


Photo 9
d0077758_959866.jpg
イワカガミを撮ろうとしたのだけれど、近くに可愛いのを見つけた。


Photo 10
d0077758_9591778.jpg
奇麗なアーチ。


Photo 11
d0077758_9592447.jpg
何処へ行くのかな。


Photo 12
d0077758_9593154.jpg
この葉っぱが目的地?
それとも休憩中?


Photo 13
d0077758_9593894.jpg
どうやら葉っぱが目的地では無いらしい。
何処へ行くんだ...もしかして。


Photo 14
d0077758_9594521.jpg
蜜とか花粉は食べないと思うし、イワカガミの花につかまってどうする気だ?



この後もしばらく観察していたら、そのまま花から離れて元来た方向へ戻って行った。
なにしに来たんだろう?


=================================
撮影データ
2008年4月27日
PENTAX K100D
TAMRON SP AF Di 90mm F2.8 MACRO
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-05-07 10:05 | 植物
<< 秋山郷にも春が来た? イカリソウ >>