<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

イカリソウ

2008年4月29日(火)

イカリソウ
花が船のいかりの形に似ているからイカリソウ、と言われている。
花の4本の突き出た部分は「距(きょ)」と呼ばれる器官で、花弁の一部が袋のように変化したもの。
距の中には蜜が入っている。
イカリソウの種もアリによって運ばれる。

九州や四国には、葉の表面に毛があり白い花を咲かせるヤチマタイカリソウが自生しているらしいが、当然の事ながら見た事も無い。

地元日本海側に分布するイカリソウとして、トキワイカリソウやキバナイカリソウなどがある。

トキワイカリソウ
トキワは常緑という意味。
葉が冬でも枯れずに残っている事が名前の由来。
葉には少し光沢がある。

キバナイカリソウ
トキワイカリソウよりは山深い場所に生えている。
常緑の葉は無い。
その名の通り花は薄黄色。

キバナイカリソウはまだ見たことが無いが、白や薄紫のイカリソウならばたくさん見てきた。
ただ、それがイカリソウなのかトキワイカリソウなのか、正直自信が無い。


Photo 1 - 2
d0077758_20302359.jpg
d0077758_20303799.jpg
近くに花を付けているのもあったので、たぶんこれもイカリソウだと思う。
花を開く前の姿からは、開いた時の花の形を想像できない。


Photo 3 - 4
d0077758_2031342.jpg
d0077758_20311728.jpg
こんな小さな時から、葉っぱと花が綺麗に分かれているらしい。


Photo 5 - 7
d0077758_20314473.jpg
d0077758_20315959.jpg
d0077758_20322059.jpg
葉っぱがまだ開ききっていない様だが、これが光沢のある葉っぱになるのだろうか。


Photo 8 - 9
d0077758_20325158.jpg
d0077758_2033429.jpg
花は本当に面白い形をしている。
今の碇は丸いT型だけれども、確かに時代劇や映画でこんな形の碇も見たことがある。


Photo 10 - 11
d0077758_20333641.jpg
d0077758_20335014.jpg
紫色の花はこんな感じ。
全部が紫色になるわけでは無いらしい。


Photo 12
d0077758_20341731.jpg
後ろ姿。


Photo 13
d0077758_20345336.jpg
隙間から覗いてみた。


Photo 14
d0077758_20351641.jpg
さらにその向こうにも。
こちらはまだ花開く途中の様だ。


Photo 15
d0077758_20355963.jpg
濃いめの紫色した花。
でも開いている花が少ない、ちょっと残念。


Photo 16
d0077758_20364272.jpg
やっぱりたくさん花が咲いていた方が好き。
でも、紫色でこれだけたくさん咲いている姿は...無かったなあ。


Photo 17
d0077758_2037627.jpg
これは光沢のある葉っぱと言っても良いのだろうか。


Photo 18
d0077758_20373255.jpg
これも光沢あり?


Photo 19 - 20
d0077758_20375623.jpg
d0077758_20381178.jpg
トキワイカリソウを紹介している写真の葉っぱと感じが良く似ている。


色んなイカリソウを見て来たが
1)小さめで紫色の葉、あまり光沢感は無い
2)縁が紫色の緑の葉、光沢感有り
3)全体が緑色の葉、光沢感有り

緑色の葉には光沢感が感じられた。
やはり、これがトキワイカリソウなのかもしれない。

=================================
撮影データ
2008年4月13日, 20日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-29 20:59 | 植物

カタクリ

2008年4月24日(木)

カタクリ
春の里山にたくさん咲いている。
みんなうつむき加減のシャイなヤツ。

発芽してから7・8年程度までは一枚の葉っぱで過ごし、その後二枚目の葉っぱが出てから花をつけるらしい。
種はアリに拾われることによって生育地を広げていくという。
あらためて調べてみて、初めて知った。
ずっと見てきたのに、知らないことばかり。

昔の日本では各地で広く見られたが、近年では乱獲や盗掘、土地開発などにより減少しているらしい。
でも、この辺りではまだ群生している姿をあちこちで見かける。
来年も再来年もこの先ずっとこのままでいて欲しいと思う。

そんなカタクリを特集。



Photo 1
d0077758_10133033.jpg
カタクリによってきたハチが偶然に撮れた。
すぐにまた飛んで行ってしまったので、蜜集め・花粉集めの様子は見られなかったのが残念。


Photo 2 - 5
d0077758_10135082.jpg
d0077758_10135765.jpg
d0077758_1014511.jpg
d0077758_10141497.jpg
カタクリの花びらだと思っていた紫の部分、実は花弁と萼片が一緒になったものらしい。
まとめて花被片と言う。
内側には花弁に相当する内花被片が3枚、外側には萼片に相当する外花被片が3枚、計6枚の花被片。


Photo 6
d0077758_10144468.jpg
後姿はこんな感じ。
内側の3枚と外側の3枚が良くわかる。


Photo 7
d0077758_1015126.jpg
花被片がこんなに反り返るのは、虫たちに寄ってきてもらって受粉する為、だよね...やっぱり。


Photo 8
d0077758_10153153.jpg
ここは林の中を通る旧道。
この場所は日光も良く当たり、カタクリがたくさん咲いていた。


Photo 9 - 10
d0077758_10155012.jpg
d0077758_101559100.jpg
反対側の山の斜面にもたくさん。


Photo 11 - 15
d0077758_10162492.jpg
d0077758_10163119.jpg
d0077758_10163799.jpg
d0077758_10164679.jpg
d0077758_10165398.jpg
こんな風にたくさんのカタクリも良いけれど...


Photo 16
d0077758_10171360.jpg
一本だけでも十分。


Photo 17
d0077758_10172878.jpg
すぐ後ろには雪が残っている場所も。


Photo 18
d0077758_10175014.jpg
小雨が降ってきた。
閉じかけているカタクリもちらほら。


Photo 19 - 20
d0077758_1018445.jpg
d0077758_10181056.jpg
雨粒が花被片に付いている。
縁には綺麗な水滴、まん丸だ。



=================================
撮影データ
2008年4月13日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-24 10:25 | 植物

雪解け進む山

2008年4月22日(火)

世の中、春の陽気でいっぱいだけれど、あの山の今はどんな風になっているのか。

あいにくの曇り空だけれど、そのおかけでこれぞ山の天気って感じの様子も見られた。
晴れていたからといって、山頂に咲く高山植物が見えるわけでも無い。
こんな天気で良かった、と思う。


Photo 1
d0077758_20372434.jpg
手前の低い山の雪は殆ど消えてしまった。
越後三山の雪もだいぶ消えている様だ。


Photo 2
d0077758_20381440.jpg
八海山
越後三山の中では一番雪が残っている様に見える。


Photo 3
d0077758_20385017.jpg
中ノ岳
以前は真っ白で一番積雪が多いように見えたけれど、今はだいぶ少なくなっている。


Photo 4
d0077758_204004.jpg
越後駒ヶ岳
こちらも雪が少なくなっているが、それよりも冬の雪山の様な天気。
山の半分が雲に覆われている。
山頂付近には強い風が吹いているのだろうか。


Photo 5 - 6
d0077758_20405362.jpg
d0077758_20412272.jpg
夕方になっても天候は回復しない。
越後駒ヶ岳には相変わらず雲がかかっている。
こんな雲、良いね、好き。


Photo 7
d0077758_20422635.jpg
この日、越後駒ヶ岳の半分を最後まで見ることが出来なかった。


=================================
撮影データ
2008年4月19日
Photo 1 : FUJIFILM FinePix S5200
Photo 2 - 7 : PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-22 20:58 | 自然

旧道の春

2008年4月19日(土)

まだ少し雪の残る林の中の旧道を探索してみた。
山の山頂を通る道なので見晴らしは良い。
そっか、まだ木々に葉っぱが無いからだ。
新緑の季節なら遠くが見えないくらい緑で一杯になりそうだな。


Photo 1
d0077758_23243269.jpg
スミレにはミツバチ。
セイヨウミツバチかな。


Photo 2
d0077758_23245982.jpg
小川の側に見慣れない花。
花はみんな下を向いている。
中を覗きたいけど、足下はぬかるんでいるのでしゃがむ事が出来ない。

そんな時には ノーファインダー


Photo 3
d0077758_23252046.jpg
なんだこりゃ。
失敗、失敗。


Photo 4
d0077758_2325388.jpg
おっ、わずかに見えた。
中に見える黄色い所に花粉があるのかな?


Photo 5 - 6
d0077758_23261050.jpg
d0077758_23262226.jpg
「キブシ」
小さな花が数えきれないくらいぶら下がっていた。


Photo 7
d0077758_2327614.jpg
小さな花だけれど、枝ばかりの林の中では目立つ色。
木の花図鑑を見てみると...「シロモジ」別名「アカチシャ」
かなあ?


Photo 8
d0077758_23272992.jpg
「キスミレ」
このスミレの横顔は...


Photo 9
d0077758_23275873.jpg
こんなにぺしゃんこ。
ここまで平なのにも意味が有るのだろうけど、自然は不思議だ。


Photo 10 - 11
d0077758_23282034.jpg
d0077758_23283359.jpg
この場所は去年の秋にも来たのだけれど、その時にもこの赤い実はここにあった。
数センチの背丈しか無いけれど、この実のまま雪の冬を越したのだろうか。


Photo 12 - 13
d0077758_23285462.jpg
d0077758_2329893.jpg
「ユキツバキ」
ツバキはたくさん生えていたけれど、花を付けているのはみんな薮の向こうで、近づく事ができない。
もっと近くに行きたかった。


Photo 14
d0077758_23293423.jpg
良く見ないと分からないけれど、蜘蛛の巣が張られている。
この花に寄ってくる虫はご用心。


Photo 15 - 16
d0077758_23302958.jpg
d0077758_23304426.jpg
蕾だと思うけど...
蕾の状態だと図鑑に載っていないので、何の木の花なのかさっぱり分からない。


Photo 17 - 18
d0077758_2331884.jpg
d0077758_23313192.jpg
これらは色違いで同じ花だと思っていたけどよく見ると葉っぱが違う。
同じ「エンゴサク」の仲間だと思うけど。
それとも、濃い紫の方は「ムラサキケマン」?
似ている花、多すぎ。


=================================
撮影データ
2008年4月13日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-19 23:44 | 自然

実家の春は

2008年4月17日(木)

毎月実家には帰っているけれど、今回はちょっとゆっくり出来たので、家の周囲を歩いてみた。
(先週の土曜日)

まだ雪が残っている。
花を咲かせているのもあったけど、蕾なのも多い。
本格的な春はもう少し先の様子。

今はまだ冬の様子が残っているので、あえてそんな風景を。
春は暖かい春らしい様子になってから。



Photo 1
d0077758_1151615.jpg
雲が低い。
高野山の山頂は雲の中だ。


Photo 2
d0077758_1154282.jpg
家の後ろは小さな棚田になっている(今は畑と休耕田)。
そこにはまだ雪。
ここは私の家専用のスキー場になる。
上の林の辺りから滑って来て、家の前を通って、道路まで滑って行くのがコースだった。


Photo 3 - 4
d0077758_1155895.jpg
d0077758_116831.jpg
家の横を流れる小川。
その周りだけ雪解けが早い。



帰りはちょっと寄り道。

Photo 5 - 7
d0077758_1163138.jpg
d0077758_1163937.jpg
d0077758_1164632.jpg
春先になると雪解けの水が流れ落ちる滝が現れる。
近くに行ってみたいけれど、そこまでの道にはまだ雪がある。
歩いて行くにはちょっと遠い。


場所を移動して雪原をウロウロしていたら、あっ、向こうで何かが動いた。

Photo 8
d0077758_117910.jpg
ウサギ発見。
今年、何度かウサギを見ているけれど、写真を撮れたのは初めて。
それこそ脱兎の如く駆けていった。


Photo 9
d0077758_1173415.jpg
やっぱり少しは春らしい様子を。
カマキリの子供達は満開の花を見ることができるのかな?



=================================
撮影データ
2008年4月12日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-17 11:14 | 自然

春の花 その3

2008年4月14日(月)

その3


Photo 1 - 2
d0077758_1395046.jpg
d0077758_1310026.jpg
こういうのを見ると最初に「ネコヤナギ」と思ってしまう単純な自分。
でも、色々と図鑑やインターネットで調べてみたけど、やっぱり「ネコヤナギ」で良いのかもしれない、と思い始めている。



Photo 3 - 4
d0077758_13104775.jpg
d0077758_1311027.jpg
林の中は薄暗い。
そんな中でも陽が当たる場所だけ緑の成長が早い。
植物には日光が必要なんだなあ、と納得。


Photo 5 - 7
d0077758_13113795.jpg
d0077758_13114423.jpg
d0077758_1312611.jpg
見た目サクラなどに似ている「ズミ」
同じバラ科なので似ているのだと思うけど、桜はバラ科サクラ属、ズミはバラ科リンゴ属、微妙に違う種類。
ということはサクラよりはリンゴの花に似ているのだろうか。
リンゴと言えば長野県。
リンゴの花も春に咲くそうなので今度見に行こうか。


Photo 8 - 9
d0077758_13123230.jpg
d0077758_13123944.jpg
図鑑を見ると「イカリソウ」?
その花の色はピンクというか薄紫というか、そんな色。
でも、日本海側には「トキワイカリソウ」という白い花を付ける似た種類が有るらしい。



Photo 10
d0077758_1313410.jpg
確かに湿った場所ではあったが、それも狭い場所なので「ミズバショウ」もこれだけしか咲いていなかった。


Photo 11
d0077758_13132294.jpg
緑のが葉っぱで白いのが花に見えるが、実はそうでは無いらしい。
白いのは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれれ、葉が変形したもの。
仏炎苞の中にある円柱状の部分が小さな花がたくさん集まったもの。


Photo 12
d0077758_1313405.jpg
確かに花粉らしき物が確認できる。


Photo 13
d0077758_1314179.jpg
まだ成長途中と思われる仏炎苞もある。
花粉もまだ無さそうだ。


Photo 14 - 15
d0077758_1314445.jpg
d0077758_13145174.jpg
田んぼの畦に咲いていた「ベルゲニア」
別名を「ヒマラヤユキノシタ」と言うらしい。
その名の通りヒマラヤ山脈周辺の原産。
野原に咲く花というよりは園芸用に栽培されることが多いらしい。
そういえば人様の庭先で良く見かける。


Photo 16 - 18
d0077758_13151724.jpg
d0077758_13152594.jpg
d0077758_13153475.jpg
さらに進んだ場所に "何とか公園" というのが有った。
雪解け直後なのでまだ整備されていない状態。
メダカの泳いでいる池の周りでも「ベルゲニア」は植えられていた。
こちらは陽が当たっているので花の色がピンクっぽく見える。


Photo 19
d0077758_1316713.jpg
池を下ると "何とかゾーン" という場所。
そこに芽吹き始めたこの新芽、何の植物の葉っぱ?
今の姿(細い枝に新芽がたくさん)から夏場の姿を思いつくのはちょっと難しい。
けれど、その名残があるので大丈夫。


Photo 20
d0077758_13162825.jpg
紫陽花ですね。


Photo 21 - 22
d0077758_13172917.jpg
d0077758_1317364.jpg
枯れ果てた花の塊がたくさん残っている事に驚き、組織(繊維)がはっきりと残っている事にも驚いた。
雪が少ない場所かもしれないが、何度かは雪に埋もれていたはず。
良く残っているよなあ、と感心するばかり。



春の花シリーズ 終わり

=================================
撮影データ
2008年4月6日
PENTAX K100D
TAMRON SP AF Di 90mm F2.8 MACRO
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-14 13:32 | 自然

春の花 その2

2008年4月10日(木)

その2


Photo 1
d0077758_21153528.jpg
「ショウジョウバカマ」
山の斜面や崖などの撮りにくい場所に咲いているんだよなあ。


Photo 2 - 3
d0077758_2116750.jpg
d0077758_21162152.jpg
濃い色の花もありますが、ここの花は薄い色。
陽が透けて淡い色が良い感じ。


Photo 4 - 5
d0077758_21164761.jpg
d0077758_21171782.jpg
林の中は暗めで気温も少し低い。
結構たくさん咲いていたけれど、これからってのもたくさん。


Photo 6
d0077758_21174391.jpg
陽が当たらないから?
花の色は先ほどより濃いめの色。


Photo 7 - 8
d0077758_21181454.jpg
d0077758_21183348.jpg
「ゼンマイ」の仲間。
パッと見、危ない生物の口の様。
普通に食べるゼンマイとかコゴミよりは大きいけれど、これも食べられる?


Photo 9 - 10
d0077758_21191277.jpg
d0077758_21192848.jpg
ノーファインダーシリーズ ( いつからシリーズ化? )。
「ツクシ」の林を感で撮ってみる。
奥には「スギナ」
ツクシとスギナは同じ植物で、胞子ができるのがツクシ、その後でスギナが生えてくる。


Photo 11 - 12
d0077758_2120131.jpg
d0077758_21201850.jpg
道路の向こうの畑の側に真っ赤な木を見つけた。
小さな赤い蕾がたくさん。


Photo 13
d0077758_21205652.jpg
これが全部咲いたらどんな風になるのだろう。
満開の時にまた行きたいけれど...
今度行った時に全部散っていたら、ショックだなあ。


=================================
撮影データ
2008年4月6日
PENTAX K100D
Photo 2 - 3 : SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
Photo 1, 4 - 13 : TAMRON SP AF Di 90mm F2.8 MACRO
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-10 22:04 | 自然

春の花 その1

2008年4月8日(火)

地元で春の花が見られるのはもう少し先。
しばらくは、雪解けの早かった場所に一足先に訪れた春を楽しむとしよう。



Photo 1
d0077758_2126456.jpg
いつものバラ。
赤い新芽だからと言って葉っぱも赤くなるとは限らない。
当たり前の事なのだけれど、緑の葉っぱが確認できて、やはり一安心。


Photo 2
d0077758_21264128.jpg
峠道、まだ雪は残っているけれど、木々には春が来ている様子。


Photo 3
d0077758_21274147.jpg
垂れ下がっているのも花らしいが、似ているのが幾つかあって良く分からない。
私のお目当てはそちらでは無くて...


Photo 4
d0077758_2130376.jpg
こちら。
多分「オノエヤナギ」


Photo 5 - 6
d0077758_21303942.jpg
d0077758_21321637.jpg
ハチが蜜や花粉集めにたくさん来ていた。


Photo 7
d0077758_21332257.jpg
よく見ると、ミツバチ以外にも、小さめのスズメバチらしき姿も見える。
蜜や花粉じゃなくて、花に集まる昆虫を捕まえに来ているのだろうか。


Photo 8 - 9
d0077758_2135089.jpg
d0077758_21353183.jpg
これもスミレの仲間? とも思ったが、たぶん「ヤマエンゴサク」
今回のは花の後ろがエイリアンの様に伸びている。


Photo 10 - 11
d0077758_21363665.jpg
d0077758_21372599.jpg
こちらも花の後ろが伸びているけど、エイリアンでは無くてラッパみたい。
おなじみ「タチツボスミレ」?
でも、葉っぱが違う?


Photo 12
d0077758_2138274.jpg
おそらく見た目通りの「キスミレ」
紫のスミレはまとまって咲いている姿が殆どだけれど、このスミレは一輪だけであっちに一つ、こっちに一つ、そんな感じで咲いていた。
そんな性格の花なのだろうか。


Photo 13
d0077758_21392623.jpg
これも何か怪物の様な姿。
本当の姿は「キクザキイチゲ」
花の色は白かな?


Photo 14 - 15
d0077758_21404151.jpg
d0077758_21431843.jpg
違う場所だけれど、これも「キクザキイチゲ」
紫色の花でこんなに平たく奇麗に咲いているは初めて。


Photo 16 - 18
d0077758_21473987.jpg
d0077758_21484173.jpg
d0077758_21493129.jpg
その近くには「カタクリ」
これからしばらくは被写体となる機会の多い花。
他の場所でも見つけたら必ず撮ってしまう花。


=================================
撮影データ
2008年4月6日
PENTAX K100D
Photo 5 - 7, 14 - 18 : SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
Photo 1 - 4, 8 - 13 : TAMRON SP AF Di 90mm F2.8 MACRO
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-08 21:56 | 自然

長野も春近し

2008年4月1日(火)

やっと四月になった。
春だ〜、雪も消えるぞ〜、山道に行けるぞ〜、と思っていたのに、また雪が降った。
水っぽい雪だったし積もる事は無かったが、標高の高い場所ならば幾らかは積もったはず。
通勤途中に見る景色、先日まで山の斜面に見えていた地肌がまた白くなっていた。
「八海山」の方にも積もったかも。
日曜日、見に行きたいなあ。

そんな雪の降る前の日は...


Photo 1
d0077758_23165311.jpg
蕾がすっかりダメになったバラは、新芽?が出ていた。
けど、真っ赤。
赤い蕾の代わりだから真っ赤?


Photo 2
d0077758_23172012.jpg
高台から望む地元の中心街。
この雪が消えるにはもう少し時間がかかりそう。


Photo 3
d0077758_23174441.jpg
こちらは過去に何度か登場した場所。
だいぶ山肌が見えてきましたが、まだまだ雪残ってます。


Photo 4
d0077758_23183424.jpg
この場所(以前とアングル違いますが)ではまだ1mちょっとは残ってるかな。


Photo 5
d0077758_2319457.jpg
ちなみに、Photo 3 を撮った場所はごらんの通り、崖に生えている木に乗っかって残っている雪の上。
夏場ならば立てない場所、正直、非常に危険な場所。
(よい子はこんなことしちゃダメだよ)


Photo 6
d0077758_23192623.jpg
春になると高い雪の壁の中を通る道路のニュースが放送されるけど、それのミニミニ版。
軽トラックでもギリギリ通れそうに無いくらいの道幅。
農作業用なので一般車はご遠慮下さい。


Photo 7
d0077758_23195271.jpg
別に道路脇に落ちても問題無いけれど、ギリギリ踏ん張っていたのにちょっと感動。


Photo 8
d0077758_23202232.jpg
春の雪は汚れている。
道路に近い部分は、道路除雪の雪が飛ばされた為に汚れたもので、除雪をする限り仕方の無い汚れ。
道路から遠い部分は春になると汚れてくるもので、砂埃や黄砂やそんな類いの埃だと思われる汚れ。
まっ、そのお陰で日光の熱を吸収して雪の溶けるのが早まるから、そういう部分では良いことかもしれないが、とにかく見た目はあまりよろしく無い。



ここからは長野県の様子を。
地元が県境なので長野にはすぐに行ける。
長野も雪が多そうだけど、そんなに高く無い場所なら雪はだいぶ消えていた。
長野に入ってちょっとの辺りを探索。


Photo 9
d0077758_23204931.jpg
千曲川(長野県での信濃川の呼び名)に建設されている「西大滝ダム」の近く。
JR飯山線のトンネル。
ダムの近くなのでトンネルの名前に「西大滝」と付いている。
ローカル線のトンネルで、トンネル自体は特に面白く無いけれど...


Photo 10
d0077758_23211444.jpg
線路の間に設置されている小さな標識の様な物。
『止まれ』って誰に向かって言っているんだろう?


Photo 11 - 12
d0077758_23213569.jpg
d0077758_23214654.jpg
西大滝ダムはちょっとした桜の名所。
でもその時期はまだ先。
その頃にまた来てみよう。


せっかくなので、ダムの近くを探索。

Photo 13
d0077758_23221894.jpg
ふきのとう、この散らかし様は?
鳥の仕業?
小さな動物の仕業?


Photo 14 - 15
d0077758_2322435.jpg
d0077758_2323041.jpg
ここにも小さなスミレの仲間が咲いていた。
やっぱり「タチツボスミレ」なのかな。
スミレの仲間は多くて、スミレと言われる種も普通に見られるけど、それ以上の普通種がタチツボスミレらしい。


Photo 16 - 18
d0077758_2323319.jpg
d0077758_23234894.jpg
d0077758_2324396.jpg
ダムを過ぎてしばらく行くと道路脇の山の斜面に黄色い花を見つけた。
「フクジュソウ」
昔から春を呼ぶ花とされてきた。
根に含まれる成分は薬用として利用できるが、副作用も強く、薬事法では劇薬に指定されているらしい。


Photo 19 - 20
d0077758_23242845.jpg
d0077758_23244533.jpg
少し山間の高い場所に来てみると「カラマツ」の林があった。
雪の足下には面白い物が無いので、林の中で空を見上げてみた。
でもこの構図、ありふれた構図だなあ、と思う。
何か他にアクセントが有れば、とも思う。
夜で月が出ていれば...どうだろう。
でも、ウサギでは無い、可愛く無い足跡もあったし、夜のこんな場所は正直凄く寂しい。


Photo 21 - 22
d0077758_23332238.jpg
d0077758_23333866.jpg
帰り道は「何とか高原道路」を走ってみた。
途中の谷に掛かる橋はかなりの高さがある様だった。
雨も降り出した来たけれど、タオルでカメラをカバーしつつ、橋から落ちない様に身を乗り出して撮ってみたけど。
露出に失敗してますね。


=================================
撮影データ
2008年3月30日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-04-01 23:54 | 自然