<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春の雪山 2

2008年3月31日(月)

もう雪は降らなくなって春らしい日差しが多くなって来たとはいえ、雪はまだ消えてはいない。
当然山々にもまだまだまだ雪がある。
せっかく雪山を何度か撮って来たのだから、雪山が春山になるまでしっかりと観察(撮って)していくことにしよう。



Photo 1
d0077758_0114498.jpg
おなじみ「八海山」
ここから見ても雪が少なくなって来ているのが分かる。


Photo 2 - 3
d0077758_012887.jpg
d0077758_0122215.jpg
この前と比べると岩肌がだいぶ見えて来ている。
わずか二週間だけど山頂でも確実に春に近づいている、ということか。


Photo 4
d0077758_0124783.jpg
こちらの「越後駒ヶ岳」の方はどうかな。
この前の撮影場所に行ってみよう。


Photo 5 - 6
d0077758_0131697.jpg
d0077758_0133353.jpg
こちらもだいぶ岩肌が見える。
んーー、山頂付近では大きな雪崩は起きないのかなあ?
二枚目の崖の部分になら後が見えるけど、それ以外は奇麗なままだ。
なだらかな部分は何かショックが無いと雪崩にならないのかもしれないな。


少し違ったアングルで撮ってみようとうろうろしていたら「中ノ岳」が見えて来た。
八海山・越後駒ヶ岳・中ノ岳で越後三山、その中でも一番標高のあるのが「中ノ岳」なのだけれど、私が普段撮ってきた場所からだと「中ノ岳」は「八海山」の奥になるので見えていなかった。
Photo5の「越後駒ヶ岳」の写真の場合、その更に右奥に「中ノ岳」がある。
左手前の杉林の向こうに行けば見えるかも知れないが、今は雪で道が通れないのでそこまで行けなかった。


Photo 7
d0077758_0135945.jpg
この真っ白い山が「中ノ岳」
まだ雪が多く、春は遠そうだ。


Photo 8 - 10
d0077758_0145034.jpg
d0077758_01556.jpg
d0077758_0152266.jpg
一枚目 越後駒ヶ岳と中ノ岳
二枚目 中ノ岳と八海山
三枚目 越後駒ヶ岳と中ノ岳と八海山
街の建物を入れない様に撮ってみたけど、そうすると山々の部分が少なくなって、なんか物足りない写真になってしまった。
空に薄雲があって全体的に同じ様な色合いなのも残念。
青空ならまた違った感じになっただろうに。


こうやって見ていると、Photo1を撮った場所から「八海山」の左真横に来たんだなあ、と思う。
そしてある事に気づいた。
ここからなら...


Photo 11
d0077758_0154897.jpg
「八海山」の裏側が見える。
裏側の方が傾斜が強い、感じがする。


=================================
撮影データ
2008年3月23日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-03-31 00:22 | 自然

春の夕日

2008年3月26日(水)

海には良く行くけれど最近は海で夕日を見ていない。
日曜日に出かけることが多いけれど、日曜日は6時には帰って来たいので、夕日が見られる時間まで海にいることが出来なかった。

でもこの前の土曜日に出かける事ができたので、久し振りに夕方まで海にいる事が出来た。
何ヶ月振りに見る海に沈む夕日、やっぱり良い風景だね。


海に近い雪の無い場所は春が一杯。
夕方まであちこち探索してみた。


Photo 1
d0077758_2345330.jpg
このバラ、やっぱりダメかもしれない。
雪が降る前は赤い蕾だったけど、いまではすっかり茶色くなってしまったし、茎の部分は白くなってしまった。
春になったら咲いてくれるかと思っていたのに...


Photo 2
d0077758_23463049.jpg
この場所に梅が咲いているのは何年も前から知っているので、去年もここでこの梅を撮っている。
ここには赤い梅と白い梅があって、赤い方が満開になっていた。
白い方は満開まではもう少しみたいだ。


Photo 3 - 5
d0077758_23465284.jpg
d0077758_2347729.jpg
d0077758_23472048.jpg
ここに着いたのはお昼過ぎで、太陽と梅と写真を撮れる場所の関係で、どの様に構えても逆光になってしまう。
花の多くはこちらを向いているけど陽が当たらないのでみんな薄暗くなってしまう。
それがちょっと残念。


Photo 6 - 7
d0077758_23474686.jpg
d0077758_2347584.jpg
白い方はまだ蕾の方が多い。
この他にも白い梅の木はあったけど、どれも赤い梅ほど咲いてはいなかった。
白い方が遅い種類なのだろう。


Photo 8
d0077758_23482298.jpg
こっちの桜はまだ蕾。
向こうで咲いている梅の様に満開になるにはまだ時間がかかりそうだ。


Photo 9
d0077758_23485055.jpg
近くには椿。
でも新潟県の木「ユキツバキ」では無いね。


Photo 10 - 11
d0077758_23494786.jpg
d0077758_23504096.jpg
陽の当たる斜面に小さな花がたくさん咲いていた。
スミレの仲間だろう。


Photo 12 - 13
d0077758_2351897.jpg
d0077758_23512277.jpg
別の斜面には「カタクリ」が咲いていた。
ここには少ししか咲いていなかったが、これも春を代表する花の一つ。
これからの被写体になる花。


Photo 14
d0077758_23515864.jpg
どこにでも咲いている「ヒメオドリコソウ」
背丈が小さいのでどうしても上からのアングルになってしまう。


Photo 15
d0077758_23522256.jpg
それではということで、カメラを地面すれすれに構えてノーファインダーで撮ってみた。
その中でピントも構図もまずまずの一枚。
こんな撮り方も面白い。


Photo 16
d0077758_23524359.jpg
もう4時半だけど、陽はまだ高い。
冬ならもう真っ暗になっていたはず。
春なんだねえ。


Photo 17
d0077758_2353569.jpg
夕日にうっすらと染まる「スイセン」
そろそろ時間かな。


Photo 18
d0077758_23533533.jpg
海に落ちる夕日を見たのは何ヶ月振りだろう。
久し振りの風景にちょっと感動。
太陽ってやっぱり良いね。


=================================
撮影データ
2008年3月22日
PENTAX K100D
Photo 1 - 17 : SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
Photo 4 - 5, 16, 18 : SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
Photo 1 - 3, 6 - 15 : TAMRON SP AF Di 90mm F2.8 MACRO
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-03-26 00:09 | 自然

雪の無い場所なら

2008年3月20日(木)

今日は雨。
これでだいぶ雪解けも進むだろうけど、まだ雪は多い。
しかし、もともと雪の少ない場所なら既に春は来ているはず。
そんな雪の無い場所で春を探してみよう。


Photo 1 - 2
d0077758_21585995.jpg
d0077758_21592161.jpg
田んぼの畦道には小さな花がたくさん咲いていた。
小さくて、撮る姿勢が、ちょっと苦しい。


Photo 3 - 5
d0077758_21594376.jpg
d0077758_21595656.jpg
d0077758_220970.jpg
まだ咲き始めたばかり、蕾が圧倒的に多い。
満開はもう少し先か。


Photo 6 - 7
d0077758_2203796.jpg
d0077758_2205251.jpg
ちょっと花びらが痛んでいるのもあるが、縞模様が奇麗だ。
背丈以上の高い位置に咲いていたのだが、もっと良く見たかったなあ。


Photo 8
d0077758_222246.jpg
そんな場所の足下の小さな池の側には黄色い花が咲いていた。


Photo 9 - 11
d0077758_222487.jpg
d0077758_223225.jpg
d0077758_2231530.jpg
旧国道を走っていると道路脇に白い小さな花が見えた。
まだ緑が少ない中で白い花はとても目立っていた。


Photo 12
d0077758_223403.jpg
春の花はいろいろあるが、これも春を代表する花。
これを見かけると春だなあと思う。


=================================
撮影データ
2008年3月16日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-03-20 22:07 | ドライブ風景

身近な春山

2008年3月18日(火)

冬の間も通ることの出来た山道。
雪もだいぶ少なくなって、冬の名残や、春らしい風景を見る事ができる様になってきた。
まだ春本番では無いけれど、始まったばかりのそんな春山の様子を...


Photo 1
d0077758_22115164.jpg
実は冬の間、雪に埋もれていたカマキリの巣。
大丈夫だと思うけど、無事、孵化してくれるでしょうか。


Photo 2 - 3
d0077758_22142039.jpg
d0077758_2215116.jpg
葉っぱよりも先に咲く春の花「マンサク」。
マンサクは本州の太平洋側から九州に分布している様で、亜種・変種として幾つか種類があり、日本海側にはマルバマンサクが生えている、とウィキペディアより。


Photo 4 - 5
d0077758_22161782.jpg
d0077758_2217524.jpg
まだ大きくなっていない木、可哀想な状態になっていた。
ウサギの仕業か?
冬の食料が木の皮、自然は厳しい。


Photo 6 - 7
d0077758_22191186.jpg
d0077758_22194680.jpg
まだ緑の葉っぱも無い枝にポツンと付いている黄緑色の、何だろう?
蚕の作る繭の様な感じだったけど...


Photo 8 - 11
d0077758_22203430.jpg
d0077758_22211588.jpg
d0077758_22214443.jpg
d0077758_22223145.jpg
一応、春の新芽、と言って良いのだと思うが、エイリアンの手みたいな様相ばかり。


Photo 12 - 13
d0077758_2224295.jpg
d0077758_22252185.jpg
今年も雪が多かった。
結構太い枝だけれど、バッキっと折れていた。
横に伸びている枝だから、この先の枝に積もる雪の重みが全部この場所にかかっていたのだろう。
去年は雪が少なかったけれど、その前は記録的な大雪だったし、その時の疲労も残っていたのかもしれない。


=================================
撮影データ
2008年3月15日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-03-18 22:32 | ドライブ風景

春の雪山

2008年3月11日(火)

ようやく晴れの日が多くなって、天気予報に雪マークが出なくなった。
それに代わって目にする様になるのが「雪崩注意報」。
これからしばらくはこの注意報が出されている事だろう。

今まで何度か撮って来た八海山はどんな様子だろうか。
雪崩は起きているのだろうか。
今日(9日)は天気も良いし、見に行ってみよう。


Photo 1
d0077758_21362883.jpg
先ずは遠景から。
んーーー、山が青いなあ。
晴れている昼間だからなあ。


Photo 2
d0077758_2137177.jpg
ここからじゃ望遠でも遠いなあ。
雪崩の後も...良く分からない。


Photo 3 - 4
d0077758_21372695.jpg
d0077758_2139110.jpg
んっ、何か飛んでいる?
トンビかな?

クルクル旋回しながら上昇してきた。


Photo 5 - 6
d0077758_21393912.jpg
d0077758_2156294.jpg
先ほどよりは八海山に近づいてみた。
ここからなら表層雪崩の後や雪肌の亀裂も見える。
やっぱり雪山にも春は来ているんだなあ。


Photo 7
d0077758_21404780.jpg
んっ、また何か飛んで来た。


Photo 8 - 9
d0077758_21411829.jpg
d0077758_21413524.jpg
飛行機が山頂をかすめる様に飛んで行った。
垂直尾翼が赤っぽいので日航機かな。


Photo 10
d0077758_21422343.jpg
また場所を移動して。
こんな場所に住んでいる人がうらやましいかも。


Photo 11 - 14
d0077758_21432777.jpg
d0077758_21434763.jpg
d0077758_2144964.jpg
d0077758_21442853.jpg
八海山に近い分こちらの方が表層雪崩の後が良く分かる。
まだ大きな雪崩にはなっていない様だけれど、長い亀裂も見えるし、近いうちには...
この次来た時にはそんな後が見られるかもしれないな。


Photo 15 - 16
d0077758_214559.jpg
d0077758_21453470.jpg
こちらは八海山よりは少し手前の山の様子。
崩れた様子や亀裂がはっきりと見える。


Photo 17
d0077758_2146816.jpg
八海山はそろそろ終わりにして次の山に行きますか。
最後に遠景を一枚。



一応レンズはお気に入りの望遠に換えておこう。
標準レンズはソフトケースにしまって、バックにいれて......

「ゴーーーー」
おや、この音は?

雪崩だ!
どこだ!


Photo 18 - 20
d0077758_21465324.jpg
d0077758_21471722.jpg
d0077758_21474943.jpg
雪崩は八海山右手の山で起きていた。
これも手前の山だったので雪崩の様子が良く見えた。
そんなに大規模な雪崩ではなかった様だが、雪煙はかなりの高さまで巻き上がっていた。


これからの雪は湿っていて重い。
こんな春の雪山の崖下に近づくことはしないが、わずか数メートルの雪崩でも人間一人くらいは飲み込んでしまうだろう。
そうなったら自力で脱出できるか、おそらく、無理だろうな。
これからの里山の探索には十分注意せねば。


=================================
撮影データ
2008年3月9日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-03-11 22:14 | 雪景色

スズメを追いかけて

2008年3月4日(火)

山里を走る国道を走っているとスズメと思われる小鳥が道路脇の小枝にたくさん見えた。
ちょっと離れた場所に車を止めてそっと近寄ってみるけれど、やっぱり逃げられた。

しばらくすると道路脇から続く細道を上がった丘の上の方から「チュンチュン、チュンチュン」と五月蝿いくらいのスズメの鳴き声が聞こえて来た。
こんどこそ逃げられない様にゆっくりと上がって行くと、そこは、養鶏場? 養豚場?
規模は小さいし、動物がいる様な気配はなかったけれど、そこにある建物は養?場と思われる様な建物だった。
冬は雪も多いので飼育していないのかもしれない。
それとも廃業してしまったのか。

まっ、今はそんな事を気にしている時では無い。
スズメは何処だ。


Photo 1
d0077758_22191988.jpg
いた。
たくさんのスズメを見つけた。
でも、建物と建物の間にいるので、撮りにくい。
近づくと逃げてしまうし、離れた所から隙間を狙ってなんとか撮ってみた。

あんなに鳴き声が五月蝿かったんだから、他にもいるはず...


Photo 2
d0077758_22194523.jpg
と思って見渡すと、倉庫らしき建物にネコ発見。
カメラを持った私が珍しいのか、警戒しているのか、こっちを見ている様子。
「撮るよ〜」


Photo 3
d0077758_2220117.jpg
スズメも撮ったし、ネコも撮ったし、じゃあ帰りますか、と振り返ったらまたネコ発見。
寝ているのか、太陽が眩しいのか、目が開いてないね。
それに、おがくずがいっぱい付いてるよ。


Photo 4 - 5
d0077758_22204137.jpg
d0077758_22205875.jpg
まだ他にネコいるかも...
ちょっと奥に行ってみると、いました、3匹。
みんな日向ぼっこだ。


Photo 6
d0077758_2221261.jpg
ではこれで帰ります、とさっきのネコを見ると、えっ、睨まれてる?
様に見えるけど、眩しいから目が細くなっていて、そんな風に見えているだけかも。


Photo 7
d0077758_22215178.jpg
後ろで何かの気配が!
振り向くと、倉庫らしき建物の奥の方にもネコがいた。
おじゃましてま〜す。


Photo 8
d0077758_22221866.jpg
今度こそ帰ります。
だからそんなに睨まないでほしいな。
ジャマして本当に悪かったってば。

なんかこのネコすごい気に入ってしまった。


結局、この場所には6匹のネコがいた。
近くの飼い猫なのか、この場所に住み着いた野良猫なのか、どちらなのかは分からないけれど、みんな大人のネコみたいだ。
建物の奥の方にも他にいたかもしれないけど、今回は入り口付近だけ。
この次また来てみよう。



Photo 9 - 10
d0077758_22224450.jpg
d0077758_2223016.jpg
おまけ。
この日の海は風も弱く穏やか。
太陽も出ていたので、その光を反射して眩しい海でした。

=================================
撮影データ
2008年3月2日
PENTAX K100D
=================================
[PR]
by taka_imaging | 2008-03-04 22:42 | 動物